Scratch

初めてのアニメーション作りに ブロック感覚でスクリプトを組み立てながらアニメーションを作成

完全な説明を見ます

賛成票

  • 用意されたブロックを組み合わせるだけで簡単にアニメーションを作成できる
  • ドラッグ&ドロップ操作だけでブロックを組み合わせることができる
  • イベントに応じて異なる動きをするよう設定するとより凝ったアニメーションも作成できる

反対票

  • 作成したアニメーションは単体ファイルとして動作させることができない
  • 本格的なアニメーション制作には向いていない

とても良い
8

Scratchはおもちゃのブロックを組み立てるような感覚で手軽にアニメーションを作成できるソフトウェアです。通常、アニメーションを作成するには画像を動かしたり音声を鳴らしたりするスクリプト(プログラム言語の一種)を書く必要があります。Scratchでは必要なスクリプトが「ブロック」として用意され、ブロックを組み合わせるだけでアニメーションを作ることができます。アニメーション作成の入門用として使ってみては如何でしょうか。

Scratchをの画面は左右に分かれており、右側には「スプライト」と呼ばれる画像が、左側にはスクリプトの編集画面が表示されます。編集画面には「10歩動かす」「15度右に回す」のように平易な言葉で書かれた小さなブロックが一覧表示されています。アニメーションを作るには動かしたいスプライト画像を指定し、「見た目」や「動き」、「音」などで分けられたブロックを編集画面にドラッグ&ドロップします。ブロックをクリックすると、ブロックに記載された内容に応じて画面右側の画像が動き出します。まずは画像を左から右に移動させたり吹き出し文字の台詞を表示させるといった、簡単な動作をさせながら操作を覚えていくと良いでしょう。

操作に慣れてきたら「調べる」にあるブロックを使って、イベントに応じて異なる動きをするよう設定してみましょう。例えば複数の画像が重なったときに「ガチャン」と音を鳴らしてぶつかった様子を演出したり、画像の上でクリックしたときに向きを変えるなど、条件によって異なる動作をさせることが可能です。上手に組み合わせることでちょっとしたゲームを作ることも夢ではありません。完成したアニメーションは「発表モード」に切り替えることで、全画面表示で見ることが出来ます。

Scratchで作成されたアニメーションは単体ファイルとして動作させることができません。そのためアニメーションを他のPCで再生するには、にはScratchをインストールする必要があります。また入門用としては十分な機能が備わっていますが本格的なアニメーションを制作するための機能はなく、上級者向きではありません。

Scratchは手軽な操作で簡単にアニメーションを作成できるソフトウェアです。想像力を駆使して、ユニークなアニメーションを作ってみませんか。

— アニメーション作成 —